タクシードライバーとして働くことのメリットって何だろう?

経験を問われずに働くことができる

タクシードライバーの仕事は、お客さんを希望の場所へ連れて行くことです。終電を逃してしまった時、急いでいる時など様々なシーンで活躍できます。タクシードライバーとして働く最大のメリットは、運転免許さえ持っていれば勤務できることです。資格や経験の有無、年齢などが問われることがないので、高齢者であっても積極的に採用されます。つまり、50代、60代から新たにタクシードライバーとして第二の人生をスタートさせることができるというわけです。

その他にも、時間の融通が利きやすいということもメリットといえます。タクシードライバーは、シフトさえ守っていれば自分のペースで働くことができます。自分が好きな時にご飯を食べて、好きな時に休むことができます。一般の企業の場合、勤務時間が細かく決められているケースが多いです。その点、タクシードライバーは自由なのでストレスを感じにくいです。

人間関係に悩むことが少ない

タクシードライバーとして働いた場合、人間関係にあまり悩まされないこともメリットです。そもそもタクシードライバーは、日中のほとんどを一人で過ごすことになります。仕事の始めと終わりに営業所に立ち寄らなければいけませんが、それ以外は自分のペースで仕事ができます。仕事中に対応するのはお客さんだけで、同僚や上司と関りを持つ事がありません。一般の会社で勤務していると、上司と一緒にいる時間が長くなるために変に気を使うことも少なくありません。あるいは、後輩の面倒を任されて煩わしく感じたり、上司に文句を言われて大変な思いをしたりすることもあるでしょう。その点、タクシードライバーは個人業務なので、人間関係に悩むリスクが低いといえます。

タクシードライバーの募集では24時間のうち自身の裁量で勤務時間を決められる場合があるので夜や日中など好きな時間で働けます。