タクシードライバーの求人ってどんな仕事をするの?

タクシードライバーの仕事内容

タクシードライバーの仕事といえばもちろんお客さんを目的地まで運ぶことです。安全運転に努めなければなりませんし、車内でのお客さんとの会話も必要になります。基本的な仕事の方法としては、街中を運転しながらお客さんをひろう「流し営業」と呼ばれるやり方が多いです。他には駅や病院、商業施設などのタクシー乗り場に待機してお客さんが来るのを持つ方法もあります。タクシー会社から連絡を受けてお客さんの元に出向くことももちろん多いです。いずれにしても勤務時間のほとんどを車内で過ごすことになるでしょう。一人で行う仕事なので責任感を持って働きたい方や車の運転が好きで、それが長時間でも苦にならないという方に向いている職業といえるでしょう。

タクシードライバーの勤務体系とは

タクシードライバーの勤務体系は大きく分けられます。それは、昼日勤、夜日勤、隔日勤務の3つです。昼日勤は昼間だけ勤務する形態で、時間は8時間勤務が多いでしょう。夜勤する必要がないので女性ドライバーや高齢ドライバーがこの勤務形態を選ぶ場合が多いです。夜日勤は夜間に働く勤務形態で、給料が高めに設定されています。深夜だと割増料金が適用されるので売り上げも稼ぎやすいです。隔日勤務は昼日勤と夜日勤を通して働く形態でタクシー業界では主流といえる勤務形態です。1日の勤務時間は20時間程度で、間に3時間程度の休憩を取ることが出来ます。勤務時間は長いですが1日おきに休みになるので公休と合わせると週に働くのは3日程度です。収入のほうもバランスよく稼ぐことが出来る働き方といえるでしょう。

タクシー運転手の募集とは、タクシー会社などが運転手を募集していることをいいます。転職でタクシー運転手になる人は多くいます。