福利厚生はやっぱり大事!

ワークライフバランス

タクシードライバーは夜勤があったり休日の仕事があったりと勤務形態は多様化しています。それでも私生活と両立した働く環境があることが重要です。自分の趣味や余暇や用事をするために有給休暇が何日あるかです。会社によって取得可能な日数が異なるので比較検討することが必要です。年間の消化目標を決めている会社は有給休暇が取りやすい環境を意味しています。さらに、育児や介護にもサポートしてくれる会社かどうかもポイントです。有給休暇とは別に育児や介護休暇があります。ユニークな休暇として誕生日に休むことができる誕生日休暇や有給休暇を連続して取ることができるリフレッシュ休暇などがあります。これにより海外旅行など大きなイベントが企画できるのです。

大きな私生活のサポート

私生活を大きくサポートしてくれる福利厚生もあります。例えば住宅手当です。賃貸や持ち家に対して毎月一定額が支給されます。次に健康面です。健康診断はもちろん、ストレスチェックや心理のカウンセリングを対応してくれるかどうかです。医療費の一部を会社が負担してくれる場合もありますよ。最後に、旅行の割引です。タクシー会社は旅行会社とのコネクションもあるため、その強みを生かしてホテルやツアーの予約の際に旅行代の割引を受けることができるのです。

タクシー会社によって福利厚生が異なるため、比較検討して就職先を選ぶことが重要です。初心者でもドライバーになれるように2種免許取得の費用や期間を考慮してくれる会社もありますよ。

すでにタクシードライバーとして働いている人で、タクシードライバーの転職を検討するなら、働きながらでも転職先を見つけやすいインターネットのドライバー専門求人情報サイトを利用しましょう。