タクシードライバーの求人について

お客さんを乗せて目的地まで運ぶのがタクシードライバーの仕事ですが、実はそれ以外にもやることは色々とあるんです。ここではそんなタクシードライバーの仕事内容について詳しく書いていくので、タクシードライバーとして働きたい方は参考にしてみてください。他にもタクシードライバーとして働くとこんな良いことがあるというメリットや、気をつけなければならないデメリットについても述べていきますね。

タクシードライバーの求人ってどんな仕事をするの?

タクシードライバーの仕事といえばもちろんお客さんを目的地まで運ぶことです。安全運転に努めなければなりませんし、車内でのお客さんとの会話も必要になります。基本的な仕事の方法としては、街中を運転しなが…

タクシードライバーとして働くことのメリットって何だろう?

タクシードライバーの仕事は、お客さんを希望の場所へ連れて行くことです。終電を逃してしまった時、急いでいる時など様々なシーンで活躍できます。タクシードライバーとして働く最大のメリットは、運転免許さえ…

タクシードライバーの求人の選び方

働く地域で選んでみよう!

福利厚生はやっぱり大事!

どうせ働くなら給料が高い職場がいいですよね!

タクシードライバーの求人概要について

タクシードライバーの求人は、普通自動車第一種免許を持っていれば採用してもらう事が可能です。運転に必要な二種免許は、入社後にタクシー業者のサポートによって取得出来ます。

タクシードライバーにはこんなデメリットもあります

お客さんとトラブルになる

タクシードライバーは、自動車免許さえ持っていれば特別なスキルがなくても働くことができる仕事です。年齢を問われることもないため、会社を退職後に気軽に転職できる仕事として人気を集めています。また、自分のペースで働けることも魅力ですが、タクシードライバーにはいくつかデメリットもあります。その代表的なものが、客とトラブルが起こるリスクがあることです。ほとんどのお客さんは、誠実に丁寧に接客していればトラブルになることがありません。ただ夜になると酔っ払いやタチの悪いお客さんが多く利用するため、些細なことでからまれる可能性があります。心配な方は、運転席から助手席まで防護アクリル版を付けるなど安全性に配慮した会社を選ぶと良いです。

交通事故を起こすリスクがある

タクシードライバーは、一日中ずっと働くことが多いです。1日中ずっと自動車の運転を続けていると、疲れの為に自然と集中力が低下していきます。そのため、不注意から交通事故を起こしてしまう可能性が高くなります。事故が起こらないようにするためには、ドライバー自身が疲れを感じた時には無理をせずこまめに休憩を取ることが大切です。また、万が一、事故を起こした際に備えて、必ず事故補償があるタクシー会社かどうか確認することが大事です。事故補償のない会社の場合、万が一、仕事中に物損事故や人身事故を起こした際に全額を個人で賠償しなければいけません。そうなると、大変な額のお金を請求されることになります。安心して働くには、事故補償や違反金の立て替えがある会社を選びましょう。